弁護士に頼むときベスト5

                 広報・営業 土肥  今年も,「夏,真っ盛り」がやってきましたね。でも,今年の夏も,コロナウィルスのため,はじけ飛びたい思いは控え,ひっそりと心静かに過ごす夏といきましょう。 今年の夏物語は,オリンピア物語として,家で静かにオリンピック,パラリンピックを観戦し,選手にエールを送りたいと思います。 気が付けば,日本のメダルラッシュに湧いていますね。試合の行方が最後までわからず,選手たちは最後の最後まで諦めることなく,メンタルスキルもさることながら,勝利に繋がった選手たち。プレッシャーのかかる試合会場で,試合の空気を変え,試合の流れを変え,試合の波に乗るということは,とても根性のいることだと思います。  ところで,ピンチに追い込まれることとは,スポーツに限らず,仕

もっと読む

三枝と顧問先紹介ページのご紹介

秘書 三枝  はじめまして。この度,新しくオレンジ法律事務所に入所いたしました秘書の三枝です。 今回は,私の簡単な自己紹介と,私たち秘書が作成に関わるオレンジ法律事務所に掲載されている顧問先紹介ページについて,ご紹介いたします。 穴にハマった三枝  去年までは大学の哲学科に所属しており,卒論のテーマは「穴」についてでした。その大学に入学したのもその教授のもとで勉強したかったからというくらい,熱中しています。  ドーナツの「穴」や鼻の「穴」,トンネルも山に「穴」があいたものですし,コップも「穴」です。このように私達の身近に存在する「穴」ですが,よく考えると不思議なものなのをご存知でしょうか。有名な問題ですが,ドーナツが転がってしまった時,ドーナツの穴は回っていると思いますか?それとも回っていな

もっと読む

弁護士による契約書の作成とチェックの仕方

                                  広報・営業 土肥  契約書を作成したり,チェックするのが,弁護士の大きな仕事の1つだと知っていましたか? 今回は,辻本先生にかなり細かく説明を受けながら,というより,難しいところは,辻本先生に書いてもらいました。契約書の作成とチェックについて書きたいと思います。 オレンジはどのような契約書が得意?  オレンジ法律事務所で,最近取り扱った契約書をざっと調べてみました。 契約書のタイトルを見ながら書いておりますが,膨大な種類の契約書があるということがわかります(私が見ている限りで,数多く契約書を作ったりしているものを太字にしました)。 ・アセットマネジメント契約・イメージキャラクター使用契約書・コンテンツ使用許諾契約書・システム

もっと読む

オレンジ勉強会での取り組み

                                 広報・営業 土肥  今回は,オレンジ法律事務所で,毎月,行っている勉強会についてお伝えしようと思います。 オレンジ勉強会の沿革  オレンジ法律事務所では,毎月,弁護士一同が集まり,勉強会を開いています。オレンジ法律事務所は,2012年に設立されたのですが,その3年後には,勉強会がスタートしたようです。 元々,辻本先生と,一緒にオレンジ法律事務所を開設した中野先生とは,法的議論を交わすのが好きで,毎日のように議論をしていたようですし,中野先生が滋賀でみかん法律事務所を開設した後も,月に何度も連絡を取り合って法的な議論をしているようです。 そういう意味で,オレンジ勉強会が,オレンジ法律事務所で発足したのも,自然なことなのかもしれま

もっと読む

企業法務 

                            広報・営業 土肥  オレンジ法律事務所では,遺産相続や離婚などの家事事件や交通事故など個人の方からの依頼も承っていますが,その他,多くは,企業からの依頼になります。埼玉県の中小企業からの依頼が多いのが特徴です。  そこで,今回は,企業法務,すなわち企業から依頼を受ける案件と,企業法務をする弁護士に必要なものについてお伝えしようと思います。ちなみに,今回のブログも,ずいぶんと辻本先生に修正してもらっているので,共著のような感じになっています。 企業法務の種類と依頼内容  よく企業法務は,依頼,相談される時期,その内容によって,医療で例えられたりしながら,①臨床法務,②予防法務,③戦略法務に分けられて説明されることがあるようですので,これに

もっと読む

自己の枠を拡張する(尾形駿)

弁護士 尾形 駿  今年は,「自己の枠を拡張する」という言葉にしました。  文字どおりですが,自己の能力,知識,行動の枠を広げたいという意味でこの言葉にしました。  この目標と定めた理由としては,そもそもスキルや能力を向上したいという純粋な自分の欲求もありますが,それ以上に,そうしないと弁護士としての価値を出せないと考えたからです。  弁護士2年目くらいのとき,ある案件の調査で長時間電車に乗りながら,現場に行った際に,弊社代表弁護士の辻本先生と色々と弁護士の価値とは何かという話をしていた記憶があります。  色々と挙がりましたが,我々が有している法理論またそれをベースとした論理的分析力等を用いながら,世の中の紛争や混沌とした状況を論理的に「調整」することに価値があるという話が特に記憶に残ってい

もっと読む

DOYがふりかえる入所ヶ1月(その②)

                                広報・営業 土肥  オレンジ法律事務所に入所し,1か月半が経ちました!  電車に揺られて,毎日,埼玉の大宮に来ることもようやくなれてきました。まだまだ慣れないことも多い毎日ですが,法律事務所で先生方が事件や紛争を解決するために,取り組んでいる背中をみながら,私自身も次に進むべく,日々奔走している毎日です。  今回は,私が,法律事務所の広報・営業としての第一歩を踏み出すにあたり,具体的にどんなことをして,どんなことがわかり,どううまくいかないのかを,お伝えしようと思います。 国語ってむずかしい(ブログ制作にて)  やはり,広報といえば,ブログ!ということで,まずは,ブログ作成に取り組みました。  ブログは,オレンジの看板的存在で,

もっと読む

笑うかどには福来たる(上村捺未)

                              リーガル事務 上村捺未   今年の言葉は、『笑うかどには福来る』にしました。    言わずとしれたことわざで、笑って明るく過ごしていれば自然に幸せがやってくる、いつも朗らかにしていれば幸せが訪れるという意味です。  私は、感情が表にでる性格で、友人からは何を考えているかすぐにわかるとよく言われます。  楽しいときは感情が漏れ出ていても、何をにやついているのだと周りから思われるくらいなので、それはまあ良いのかなと思うのですが、  問題は、いらいら、むかむか、もやもやな暗い感情でいっぱいなときです。  自分の暗い感情を表にだして振り回すと、周りに暗さを蔓延させるウイルスのような人間になってしまいますし、  どれだけ真面目に仕事をしたとし

もっと読む

運命は勇者に微笑む(馬場直仁)

                                      弁護士 馬場直仁  この言葉は、将棋界レジェンドの羽生善治先生が、私が小さい頃に見たテレビ番組で、座右の銘として言ったものです。  羽生先生は、「出典はありません。」と言っていたので、この言葉は羽生先生自身が考え、常に羽生先生自身の中で思っていた言葉だと思います。  まだ中学生か高校生くらいだった私なりに、この言葉の意味を考え、何事も勇気を持って挑戦しなければ、運命を自分の望むように変えることはできないと解釈していました。そして、自分の中でもこの言葉を何度も繰り返し、勇気を持って何事にも挑戦していこうと思うようになりました。  いうまでもなく、羽生先生は、将棋界でただ一人タイトル七冠を達成した棋士で、数々の偉業を成し

もっと読む

DOYがふりかえる入所1か月(その①)

広報・営業 土肥  こんにちは。オレンジ法律事務所の広報兼営業を担当している土肥です。 私が入所して1か月が経ちましたので,今回のブログでは,「広報兼営業」という仕事が,どういうものなのかを振り返りながら,皆様にお伝えしようと思います。  ちなみに,オレンジ法律事務所では,それぞれのスタッフの名前を,3文字のローマ字で表現する慣行になっています。私,「土肥ゆかり」であれば「DOY」という感じです。  最初は,ちょっと違和感がありましたが,手書きやPCで書くときに,漢字よりも3文字のローマ字の方が早く書けるというのが理由のようです。辻本先生らしい,いや,TJKらしいですね。そもそも土肥は,DOIと3文字なので,DOYではなくてもDOIで,よさそうな気もしますが,そこは慣行に従って。      

もっと読む