田村が感じる「椿先生の魅力」

広報担当 秘書 田村司   今回は一月に着任された椿弁護士をご紹介いたします。 一般的には,弁護士に特有の「弁護士は近づき難い,敷居が高い」の感想をお持ちの方が多いのですが,その一般常識を覆す弁護士は,椿先生です。 一見大変怖そうな感じ(近づいたら噛みつき,攻撃しそう)がします。個人的第一印象の感想ですが意外にも,その個人的第一印象は間違いでした。 椿先生とお話しする機会があって感じたこと(魅力)についてお話しします。 よく見ると男前であることに気がつきました。 近づき難いのは,スキンヘットが威圧感を与えるためかな? しかし,そのスキンヘットの容姿は,俳優のユル・ブリンナー,はたまた,歌舞伎役者の市川海老蔵改め市川團十郎白猿にそっくりです。声も團十郎そっくりでほれぼれするほどの美声

もっと読む

田村のニュース紹介「元号と商標登録について」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読頂き誠に有難うございます。 ご存じの通り,オレンジ法律事務所は,埼玉県で,知的財産,ビジネス法務に強みを持っています。そして,ビジネス法務,一般民事など幅広い事件に携わって経験豊富な椿弁護士が着任いたしました。そして,顧問契約先へのニーズへの対応がさらに盤石となってまいりました。 さて,今回は,知財関係として,ニュースの「元号と商標」に焦点を当ててみました。   今の内に「新元号」や「平成」を商標登録しようと考えておられる方には残念ながら,商標登録を諦めなければなりません。実際の審査でも「昭和」,「大正」など過去の元号も商標登録は受け付けていないようです。   新聞記事によりますと次の通りです。 「全ての元号 商標不可に  政府が新審

もっと読む

田村「ゴジラ星座認定」に驚く

広報担当 秘書 田村司 いつもご愛読有難うございます。 今回は趣を変えて怪獣の話題をいたします。 私は,昭和29年(1954年)初代ゴジラからのファンです。第一作目のゴジラからまだ70年経ていません。アメリカ版のGODZILLAも見ました。   以前,家族で「シンゴジラ」を見に行きました。 場面は,リアルで感動しました(個人的感想)。数秒しか映らない10式戦車の動きを良く見ると、性能はよく描写されていました。性能については,YouTubeで10式戦車の自衛隊演習を見て知っていました(車体の方向が変わっても砲の向きが一定でぶれることがない高性能をもっている戦車なのです。狙ったものには100発100中の性能のようです。) 映画の画面と内容の展開の速度が速くて,大人の私も全体のストーリ展

もっと読む