元銀行員の田村が解説「電子記録債権と手形債権の比較」

 広報担当 秘書 田村 司 オレンジ法律事務所は,埼玉では商標権や,特許に於て強みを持っています。それは,知的財産総合支援センター埼玉で専門相談の弁護士として,辻本弁護士が携わっているからです。更に片山弁護士が特許庁勤務していた経験があり,知的財産関係の専門性の層を厚くしています。 それ以外として,ビジネス法務では手形などの証拠資料や個人では相続の手続や交通事故などのあらゆる分野を手掛けています。今回の執筆にあたり,商標権などに強い片山弁護士の指導を受けて完成いたしました。   今回は,平成20年12月1日から施行された「電子記録債権」について,銀行経験を交えて,手形債権との相違を分かり易く説明いたします。以前掲載の「第二回目やさしい手形・小切手のお話」・「第五回目 やさしい手形・

もっと読む

田村が新聞で知った「ビデオ(テレビ)会議と裁判所」

広報担当 秘書 田村 司 いつもお読み頂き誠に有難うございます。   オレンジ法律事務所ではビデオ会議システムを設置いたしました。   私は,日頃から新聞記事で情報を集めて暖めています。 「二番煎じ」となりますが,ブログにその新聞記事(ビデオ会議)を掲載しようと思いました。 いつも,讀賣新聞を早朝に読んだ後,スクラップにして,ブログの話題に活用しています。 読んだ新聞の記憶で関連記事を探したが見つかりませんでした。   しまった,ああ!我誤てり,ときすでに遅し。 記事を読んだとき労を惜しまず,すぐ切り取っておけば良かったと猛省しました。 先月(2月分)の新聞は,トイレットペーパーに変わっているようでした。   そこで,探したら,日本経済新聞の記事に同様

もっと読む

元銀行員の田村が話す「融資の相続」副題「免責的債務引受と重畳的債務引受」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読頂き誠に有難うございます。 銀行を退職する数年前に家内が、「もう融資関係の仕事をすることもないだろうから、過去、未練、思いを断ち切って捨てた方がよい。断捨離だ!」と背中を押してくれましたので、思い出の本(銀行法務10巻、他46年間の書籍諸々)を捨てました。 その後、断捨離した融資の相続の知識が必要になりました。 そして、折角、断捨離した知識を拾い集めることになりました(笑)。   当初のブログは相続関係を掲載してまいりましたが、皆様が一番頭を痛めることは,融資(借入金)の相続と思われます。 そこで、断舎利をした記憶をまた拾い集めパズルのように組み立てました。 そこで、断片的な記憶を簡単なイメージ図にいたしましたのでご参考にして下さい。ピースの欠

もっと読む

ビデオ会議に群がる

弁護士 辻本 恵太 オレンジ法律事務所の業務は多岐にわたるが、埼玉と中心とした企業、産業が成長するために、少しでも手助けをしたいと、日々、考えている。 私自身、大学時代、村井純教授のもとで、システムプログラムが大好きだったが、オレンジ法律事務所を開設してからしばらくの間、事務所のIoT環境を整えることを怠っていたことに気付かされた出来事があった。 先日、東京の顧問企業からビデオ会議はできますか?と聞かれたのである。 face to face でするのが、打合せの醍醐味であって、できる限り、直接会って打合せをしたいと考えてはいたが、ビデオ会議というオプションがないこと自体が時代遅れだと思い、はっとさせられたのである。企業努力を怠っていたなと痛感したのである。 直ちに、次の打ち合わせに間に合うよ

もっと読む

田村の「平素の感謝」

広報担当 秘書 田村司 オレンジ法律事務所を日頃よりご愛顧くださり,誠に有難うございます。 オレンジ法律事務所では,埼玉の大宮で開設してから,6周年になりました。 従来から顧問のご契約を頂いている皆さまには,心より感謝申しあげます。 顧問契約のイメージ図 通常,顧問弁護士とは継続的に会社の様々な法律問題について相談をうけ解決のためのアドバイスをする弁護士をいいます。 現在は社会が複雑化・高度化しており,法律の一分野だけでは対応出来にくいことが想定されます。 そこで,オレンジ法律事務所は特に法律問題の解決のみで終わらせるのではなく,あらゆる分野の人脈を総動員して解決するように努めています。 そして,税理士、行政書士、会計士、司法書士、警察OB、その他様々な業種(建築、金融、製造、不動産、IT企

もっと読む