弁護士紹介


弁護士 片山 輝伸

Terunobu Katayama
片山 輝伸

埼玉弁護士会所属


第68期司法修習を修了し、オレンジ法律事務所にて弁護士としての第一歩を踏み出すことになりました。

私は大学時代に体育会グライダー部に所属して空を飛び、修士課程時代には水の流れを学んでおりました。上空から地形を俯瞰するように問題を立体的に捉え、兵が水に象るように柔軟かつ最適な解決法を追求するべく、日々研鑽を重ねる所存でございます。

また、通商産業省(現:経済産業省)特許庁勤務時代には特許審査業務に携わっておりました。知的財産紛争や技術的な問題をはじめとする複雑な事件にも全力で取り組みたいと思います。

そして、学生時代から社会人にかけて、バイクにキャンプ道具を積んで各地を訪ね、たくさんの地元の人たちや旅人たちと出会い、車座になって、腹を割った語らいを楽しんできました。

フットワークが軽く、皆様にとって何でも話すことができる弁護士でありたいと願っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。


【主な取扱分野】

特許・商標・不正競争防止法等の知的財産事件
企業法務
不動産関連事件
交通事故事件
離婚事件
遺産をめぐる事件
労働事件
近隣紛争事件
刑事事件
その他法律問題全般



昭和63年 巣鴨高等学校卒業
平成05年 京都大学農学部農業工学科卒業
平成07年 京都大学大学院農学研究科農業工学専攻修士課程修了
平成07年 通商産業省(現:経済産業省)特許庁入庁
(建築分野全般、自動車用扉・窓の開閉機構に関する特許審査業務に従事)
平成11年 通商産業省(現:経済産業省)特許庁退職
平成23年 司法試験予備試験合格
平成26年 司法試験合格
平成27年 埼玉弁護士会に登録・オレンジ法律事務所入所

 1 埼玉弁護士会民事介入暴力対策委員会
 2 埼玉弁護士会消費者問題対策委員会
 3 弁護士知財ネット

・グライダー(上級滑空機、soarer)

 母校グライダー部OB会幹事として、後輩達のサポートをしながら、学生時代にやり残した自家用操縦士のライセンス取得を目論んでおりますが・・・。

・音楽(鑑賞)

 ハードロックからバロックまで、ロックマニアです。ハードロックなら聖飢魔II、バロックなら佐藤豊彦さんです。ハードロックではありませんが、オレンジズも最高です。

・辛いもの

 韓国人級です。学生時代に韓国人留学生に鍛えられ、辛さを殆ど感じない、スペシャルな舌を手に入れました。

・熱い風呂

 江戸っ子じいさん級です。