オレンジ法律事務所 第6回「書き初め大会」

営業:灰田

久しぶりの登場の灰田です。

オレンジ法律事務所は,昨年から新しい弁護士の先生やスタッフが入所し,事務所の雰囲気がガラッと変わりました。
また,業務においても,新しいシステムを導入したり,情報の管理窓口を統一し,効率化を図ったりと大きな変化がありました。

そんな,革命期まっただ中のオレンジ法律事務所では,毎年恒例の書き初め大会を開催しました。
毎年,一文字ずつ増えていくというしきたりがあり,第6回目となる今回は六文字で作成することが条件でしたが,
六文字は難易度が高いため,造語・ひらがな・英字の使用を解禁していただきました。

弁護士やスタッフ,各々の本年に対する意気込みが感じられる作品が出来上がったと思います。

そんな作品を作成している様子を少し紹介したいと思います。

まずは,辻本先生
文字を書くのは苦手だが,「絵」として捉えれば上手く描くことができるとのこと。
昨年は,用紙3枚まで使用可能という条件のもと,5枚使用してしまいましたが,今回は2枚の使用で書き上げていただきました。
ご満悦のご様子です。

続いて,中野先生
いつになく真剣な表情です。

中野先生曰く,「一文字でも崩れたと感じた時,集中力が切れそうになった。」とのこと。
しかし,諦めることなく無事,書き上げてくださいました。

完成された作品は,近日オレンジ法律事務所HPにてご紹介させていただきます。
お楽しみに☆

本年も,オレンジ法律事務所をよろしくお願い申し上げます。