オレンジ法律事務所は,元特許庁職員や理系の学部出身の弁護士をはじめ,スタッフには銀行や教育関係,アパレルなど様々な業種で働いていた方が働いています。それぞれの経験で培った知識などをご紹介します。

債務名義の執行力の向上(民事執行法改正)

弁護士 辻本 恵太 1 はじめに  「民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律の一部を改正する法律」(令和元年法律第2号)が令和元年5月17日に公布され,令和2年4月1日に施行となった。 この改正は,私たちオレンジ法律事務所の弁護士を含む,多くの交渉,訴訟に携わる弁護士にとって,心躍る改正であり,施行される令和2年4月1日を心待ちにしていた。判決などの債務名義の執行力の向上は,民事司法制度への信頼を飛躍的向上させることと期待している。 民事執行法改正は多岐にわたるが,一部を紹介したい。 2 裁判で勝つことと金銭を支払ってもらえることは同じではない  まず,①貸した500万円を返してもらえないので裁判を起こした(貸金返還請求訴訟)。②1年近く裁判をして勝訴判決

もっと読む

情報の取捨選択と整理

弁護士 辻本恵太 新型コロナウィルスが猛威をふるい,緊急事態宣言が出されてから数日経つ。安倍晋三首相は2020年4月11日、 首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で 緊急事態宣言の対象7都府県の全事業者にオフィス出勤者を最低7割削減するよう要請した。オレンジ法律事務所は,埼玉県さいたま市にあるので,対象7都府県の事業者としてオフィスへの出勤者の削減を日々続けているが悩みも多い。 誤った情報。振り回されない,ばらまかない こういう状況下において,自宅で待機したりリモートワークを続ける国民にとって,重要な情報であるが,溢れんばかりの情報量の多さに,消化不良を起こしてる人も多いのではないかと思う。人々が不安になっているときに横行するのが,その不安をあおり,心の隙につけ込む詐欺等である。

もっと読む

新型コロナウィルスの感染予防

弁護士 辻本恵太 主な感染経路 とある大学病院関係者からの情報によれば,これまでの感染経路のほとんどが, ①感染者から咳やクシャミで散った飛沫を直接吸い込む②飛沫が目に入る③手指についたウィルスを食事と一緒に嚥下する の3つらしい。 手や指についたウィルスを食事と一緒に飲み込んでしまうというのは,素人ながら,まさに納得。事務所に置いてあるお菓子を,仕事の合間に,手を洗わずに,さっと食べてしまうなんて,もってのほか。わたしは,喉がつよくないこともあり,食べ物を口にする前に,うがいも徹底する。事務所に置いてあるお菓子を,仕事の合間に,うがいをせずに,さっと食べてしまうことも,当然,NGである。 眼鏡とマスク 1回のくしゃみでは,約200万個の粒子が飛散するようであるが,感染にはウィルス粒子数とし

もっと読む

コロナと案件の変化と裁判所の動向

弁護士 辻本恵太 事務所での依頼案件の変化 今,オレンジ法律事務所では,弁護士としての仕事として,通常どおり,共同開発,特許,その他知的財産の相談などは多い。企業側の相談業務が多く,BtoB,BtoCを問わず,オンラインサービスを提供している企業の相談も少なくない。各種業務委託契約書,共同開発契約,取引基本契約,NDAなど契約書のレビューも多い。他方,この数日間,例えば, 自宅待機,解雇などにまつわる労務問題や,早期に売掛金を回収してキャッシュフローを改善したいなどの交渉案件,強制執行など,性質上,緊急,切迫したものが多くなっている。 さらには,新型コロナウィルスの影響により,売上回復の目処が立たず,法人破産をするにいたるという相談案件も増えてきた。 裁判所の動向 そもそも, 政府の新型イン

もっと読む

田村シリーズの終了のお知らせとお別れのご挨拶

広報担当 秘書 田村司 弁護士 辻本恵太 <辻本> 大手の銀行を退職した田村さんが,オレンジ法律事務所で働いてもらって,早2年になりました。 田村さんには,一般的な法律事務所の事務がする,事件のファイル,FAX,メール,郵送や住民票等の徴求業務などはしてもらうことはありませんでした。それは,メガバンクの元銀行マンとして培ったビジネス感覚と,最近になってから大学に通い直おすほど,研究心・好奇心の強いマインドをぜひ,オレンジに吹き込んでほしいという思いがあったからです。 一般的に弁護士というものが閉鎖的な考え方をすることも少なくなく,新しいテクノロジーや考え方に親和性が乏しいこともあります。 オレンジ法律事務所が常に変化し続けることができるように,期待通り,田村さんには大いに,オレンジの内外に影

もっと読む

田村解説「理系出身の弁護士」と「キログラムの定義をプランク定数を新基準に」

広報担当 秘書 田村 司 いつもお読み頂き誠に有難うございます。 表題における「理系出身の弁護士」はオレンジ法津事務所の特色を表しております。 オレンジ法律事務所が埼玉県では知的財産関係に強いことを再三,強調してきましたが,その理由とその特色は,一言で言うと「理系出身の弁護士」に尽きます。まず,オレンジ法律事務所の辻本先生は,日頃から,数学オリンピックの問題を解くことが趣味のようです。そして,オレンジ法律事務所の会議室名を「ダーウイン」「ニュートン」「ピタゴラス」「パスカル」と名付けております。理系出身の弁護士の思いと特徴が表れているところです。その理系(数学)の素養の上に,大学時代はコンピューターの研究に没頭したようです。具体的には,日本のインターネットの父,「ミスターインターネット」と呼

もっと読む

田村のニュース紹介「元号と商標登録について」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読頂き誠に有難うございます。 ご存じの通り,オレンジ法律事務所は,埼玉県で,知的財産,ビジネス法務に強みを持っています。そして,ビジネス法務,一般民事など幅広い事件に携わって経験豊富な椿弁護士が着任いたしました。そして,顧問契約先へのニーズへの対応がさらに盤石となってまいりました。 さて,今回は,知財関係として,ニュースの「元号と商標」に焦点を当ててみました。   今の内に「新元号」や「平成」を商標登録しようと考えておられる方には残念ながら,商標登録を諦めなければなりません。実際の審査でも「昭和」,「大正」など過去の元号も商標登録は受け付けていないようです。   新聞記事によりますと次の通りです。 「全ての元号 商標不可に  政府が新審

もっと読む

田村「ゴジラ星座認定」に驚く

広報担当 秘書 田村司 いつもご愛読有難うございます。 今回は趣を変えて怪獣の話題をいたします。 私は,昭和29年(1954年)初代ゴジラからのファンです。第一作目のゴジラからまだ70年経ていません。アメリカ版のGODZILLAも見ました。   以前,家族で「シンゴジラ」を見に行きました。 場面は,リアルで感動しました(個人的感想)。数秒しか映らない10式戦車の動きを良く見ると、性能はよく描写されていました。性能については,YouTubeで10式戦車の自衛隊演習を見て知っていました(車体の方向が変わっても砲の向きが一定でぶれることがない高性能をもっている戦車なのです。狙ったものには100発100中の性能のようです。) 映画の画面と内容の展開の速度が速くて,大人の私も全体のストーリ展

もっと読む

田村解説「融資の相続人の行方不明(不在)と不存在」

広報担当 秘書 田村 司 いつもお読み頂き誠に有難うございます。   銀行で相続案件の業務に携わっていると,①相続人が行方不明(不在)であること,②相続放棄等によって相続人がいなくなること(不存在)がよくあります。 過去の銀行での経験において,「不在」と「不存在」の内容を混同して理解している方がおりましたので,今回のブログでは,「不在」と「不存在」について,話をしてみたいと思います。 かくいう私も,相続業務を始めたときには,両者の区別が明確ではありませんでしたので(呵呵),このブログを読んで,理解につながれば嬉しい限りです。   なお,銀行の融資という意味では,以前,私が作成した「融資の相続」というブログをご覧いただけると幸いです。 少しだけ説明しますと,遺産が預金のみの

もっと読む

田村からの提案「日本酒を食べよう」

広報担当 秘書 田村 司 いつもお読み頂き有難うございます。 通常,日本酒を「飲む」と使いますが,今回は「食べる」にしました。 先日,日本酒で味付けされ,商品化された「カレー」(鰈ではありません)を2種類も食べました。 日本酒の香りもあり美味しかった(個人的感想です)。 「日本酒を飲まず味付けに使うことは邪道だ!」と「日本酒通」にお叱りをうけるかもしれませんが敢えて話題にしました。     日本酒を題材にしているのは,地理的表示(日本酒)で保護される知的財産であるから,掲載しています。酒が好きという個人的嗜好に基づいて掲載しているのではありません。そして,日本米と日本酒の生産者への応援であり,そして,それらの消費のお誘いであり,日本経済の発展を願うブログです。 話題を戻し

もっと読む