田村が解説「推理小説・番組を何倍も楽しむ方法」 副題「同時死亡・再転相続・代襲相続」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読頂き誠に有難うございます。   私は,推理小説の刑事事件の娯楽番組を時々見ます。 その中で,犯人の動機は相続財産(含む知的財産,特許)が狙いであるケースがあります。そして,詳しい相続(動機)の解説がない場合があります。そしてその動機が理解出来ないままストーリー展開して終わります。 さらに,娯楽番組を注意して見ていないと,肝心要の動機(相続財産取得目的)が分からないことがあります。 以前,相続の「同時死亡の推定」を題材にした娯楽番組がありました。そして,娯楽番組で展開される相続の知識が当時はありませんでした。そこで,知識があれば,番組がもっと楽しめると痛感しました(笑い,呵呵)。 そこで「同時死亡・再転相続・代襲相続」などを理解できているとその動

もっと読む

オレンジ法律事務所が埼玉県知事から認定

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読有難うございます。 今回は嬉しいお知らせです。 オレンジ法律事務所が埼玉県知事から「埼玉県シニア活躍推進宣言企業(生涯現役実践企業)」として認定されました。 認定証 実は,オレンジ法律事務所は高い理念を掲げています。 その理念の集約をホームページの【オレンジ理念】に掲載しています。 そして【オレンジ理念】の中の一部として「社会の発展,教育の改善,雇用の促進,資源の保護,福祉の実現等,地域社会に貢献すること」を掲げています。 写真は,そのオレンジ理念の実践が認められた証として届いた認定証です。   オレンジ法律事務所には,シニアの私を含めて多様な人材が働いております。 色々な経験の持ち主の例を上げますと,フランス留学,学校の教諭,福祉事業に勤務,

もっと読む

恵方巻

秘書:ジャマン/河野 2月2日は節分の前日だったので事務所の全員で恵方巻を頂きました。 私は,新卒でオレンジ法律事務所に入所したのですが,行事ごとにイベントが組まれていて, 弁護士の先生方やスタッフ同士が和気あいあいとお話しできる機会がこんなにたくさんある職場は少ないことなのかなと思います。 ところで3種類の恵方巻がありますが,人気だったのはどれだと思いますか? 私の予想では男性が多い職場なので一番ボリュームのある7品目の恵方巻だと思っていましたが, 一番お値段の高い海の幸恵方巻でした笑笑 (ちなみに海鮮がちょっぴり苦手な私はジャンケンせずに一発で牛すき巻を勝ち取れました!)   普段は打合せや電話の応対でいつも声がどこかから聞こえてくる職場なのに シーンと静まりかえってみんなが黙

もっと読む

田村が愛読する漫画と音楽の「著作権」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読有難うございます。 いよいよ著作権の保護期間は著作者の死後70年に延長されるようです。 なお,保護期間の起算は死亡の年の翌年からになります。 今回,私は,皆さんが注目しない分野とその部分にスポットを当ててみました。 そして,特に漫画や音楽の分野の著作権は,輸出分野として有望であり,朗報と考えています。 何故かは,後述いたします。 その前に,著作権について概略を簡単にご説明します。 ご興味の無い方にとって苦痛でしょうが,ジョークもいれますので,少々お付合いください。 なお,専門的部分であり正確を期すため,抜粋引用させて頂きました。   「著作権は簡単に言うと『他人の著作物の複製を禁止する権利』です。英語では著作権のことをcopyrightといいま

もっと読む

元銀行員の田村が語る「通貨と仮想通貨」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読有難うございます。 元銀行員ということで,同僚から「仮想通貨」について時々聞かれます。 正直に言って分かりません。日本にも31社の仮想通貨交換業者があり,世界に1,000種類相当の仮想通貨が存在しますので,把握出来ていません。 その「仮想通貨」なるものの正体は聞かれても実体が掴めないので,判断が難しいのです。 その「仮想通貨」をしばらく,「仮装通貨」と思っていました(笑い,呵呵)。   そして質問者には「その『仮想通貨』なるものが,何によって担保(保証)されているか不明です。値上がりするということは,値下がりもありうる。リスクを考えると,個人的には,お勧め出来ない。」と銀行生活46年の経験上のアドバイスをしていました。 そして,金融機関等など,

もっと読む

田村が調べた「世界と米国の相続」

広報担当 秘書 田村 司 いつもご愛読有難うございます。 先日の晩(2018.1.31)の皆既月食(スーパームーン・ブルームーン・ブラットムーン)をご覧になりましたか? 35年ぶりの天体ショーが見られました。 実は私は初めて見ました。   オレンジ法律事務所は埼玉県の大宮駅徒歩3分に位置しています。 日本人と外国人が関係する複雑な相続のご相談も、海外の有資格の弁護士の協力を頂いて、解決した事案もあるようです。オレンジ法律事務所の海外弁護士とのネットワークで解決できる可能性もあるようです。外国人が被相続人で、お困りの方は一度ご相談いただけましたら、お力になれるかと思います。   通常の銀行取引では,日本居住の外国人と締結した預金債権発生・消滅(特約の無い限り)は行為地法(日

もっと読む